−fraise−

fraiseはフランス語で「いちご」。いちごケーキのような甘酸っぱい恋愛話で至福のひとときを。

歳下の男の子との恋愛

      2017/10/04

大学卒業とと共に就職した飲食業の会社で、配属された店舗で出会ったのがフリーターとして働いていた高校卒業したばかりの4歳下の彼でした。

CHEMISTRYの堂珍さんに似てて初めて見た時から気になってました。

でも歳下過ぎるし、正社員とバイトだし、とナシだなと思っていたんです。

でも偶然、従業員の控え室で二人きりになった時に話してみると、すごく安心できて好きになっているのに気が付きました。

それで仕事の終わった後、二人きりになった時に私はつい好きと伝えてしまったんです。

言ってしまってからやってしまったと思い、答えも待たずに私は帰りました。

その次の日に彼から呼ばれ、話したいと言われました。

働くお店の近くの神社で、隣に座りながら、高校でずっと好きだった先生がいて、でも結婚することになって失恋したばかりだった事を話してくれました。

私も失恋したなと思い、分かった、と行こうとすると止められ、でも失恋したばかりのはずなのに、私の事が気になっていると伝えてくれたのです。

そして、周りには秘密で付き合うようになりました。

同じ店で秘密で付き合うのはスリルがあって楽しかったです。

周りが薄々感づいてるようなのも、それはそれでこそばゆい感じでした。

でも、私は正社員なので店舗を早くも異動する話が出たのです。

その時にはもう一人暮らしの私とそこが地元の彼は半同棲していてたまに彼が実家に戻るようになってました。

けれど、だからと言って私が行く配属先まで付いてきて欲しいなんて言えませんでした。

男性が正社員で私がバイトならそれもアリかもしれませんでしたが、逆はナシでしょう。

彼は付いてきてくれるつもりだったようですが、断りました。

人目も気になる年頃だったので、そんな、ヒモみたな真似は出来ないと思い言いました。

でもそれはフリーターをしてる彼のプライドを傷つけたんです。

しばらく距離を置こうと言われて、二人の関係は終わってしまったのです。

すぐに後悔したけれど、私もまだ23歳で意地っ張りだったので自分からは言えず、そのまま別れてしまったのでした。

かなり長く引きずった、私の若い頃の失恋です。

 - 恋愛「両想い」 , , , , , , ,